せどりの基本モノレートで見る、飽和の回避とお宝商品発見方法!

せどらーなら知らない人はいないであろう

モノレート

 

今や仕入れにかかせないツールですが

意外とグラフを読みきれていない人も多いのです。

 

今回はせどりを始めたばかりの主婦のあなたでも

判断に迷わないよう、モノレートの基礎から書いて行きます。

 

 

モノレートとは

 

 

amazon上の商品の過去相場を抽出するツールです。

インストールなし、会員登録なし

無料で使う事ができます。

PC・スマホ問わず使えます。

 

こちらからアクセスできます。

モノレート

 

 

基本的な機能について

 

  • 現在のランキング
  • 参考価格
  • ASIN
  • JAN

以上の項目は基本的には表記されます。

 

コンディション別出品者数

amazonが在庫を持っている場合は

在庫ありと表示されます。

 

商品ページをクリックすると、コンディション別出品ページへ飛べます。

 

 

 

 

下にあるグラフを見てみましょう。

 

以下の例は

  • カート価格
  • プライム
  • amazon本体

全て表示させている状態です。

ランキングが高いほどグラフは下へ行きます。

 

期間別推移を見る事ができます。

 

  • 過去3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 12ヶ月
  • すべての期間

 

コンディション別推移も見る事ができます。

 

  • すべて
  • 新品
  • 中古
  • コレクター

 

 

最安値グラフ

過去の最安値の推移をグラフで見る事ができます。

下に行くほど安く上に行くほど高値となります。

 

出品者数グラフ

過去の出品者数の推移をグラフで見る事ができます。

下に行くほど少なく上に行くほど多くなります。

 

ランキンググラフ

過去のランキングの推移をグラフで見る事ができます。

下に行くほど高ランク上に行くほど低ランクとなります。

 

モノレートユーザーグラフ

過去のモノレートユーザーの推移をグラフで見る事ができます。

下に行くほどせどらーが見ていないもの、

上に行くほどせどらーが見ているものとなります。

 

 

下の表は過去に売れた詳細な表になります。

  • 日時
  • 金額
  • ランキング
  • コンディション別出品者数

 

この金額以上で販売されたという事です。

赤枠部分をクリックするとさらに詳細な表示が可能です。

 

 

 

 

基本的な読み方

 

ではモノレートの見方を説明します。

 

ランキンググラフを見て下さい。

このグラフはひとつ売れる度に下へ下がります。

ギザギザが多いほど売れている商品になります。

 

こちらはランキングが二桁の商品です。

ギザギザが確認できないほど売れています。

 

 

 

 

 

意外と見落とすのが下のようなグラフ

 

ギザギザが途中から全くありませんね。

 

これは出品者数を見るとわかりますが

現在出品が無い商品なのでギザギザが無いのです。

 

3ヶ月で見ていると、全く売れていないように見えますので

ギザギザが無かったら一度全期間で見てみましょう。

 

 

 

 

せどりで狙うべき商品

 

  • ランキンググラフの動きが多い
  • 出品者が減っている
  • 最安値価格が上がっている
  • モノレートユーザーが少ない

 

これが揃っている商品が優良商品と言えます。

 

 

危険な商品

 

  • 出品者が急激に増えている
  • 平均価格より急激に価格が上がっている
  • モノレートユーザーが急激に増えている

 

上記のような状態は

タイアップで一時的に需要と供給が崩れていたり

メルマガなどで紹介されて、せどらーが一気に出品している場合や

全国展開している店舗で、一斉にセールがあったり

ネットショップで、大々的にセールをするなどの要因で

一気に値崩れする事があります。

 

モノレートユーザーの表示がされている商品は

どれ位見ている人がいるのか必ず確認しましょう。

モノレートを見ているのは確実にせどらーですから。

 

 

まとめ

 

モノレートを見ているのはせどりをしている人

モノレートユーザー数を確認する事で

飽和の危険から回避する事も可能となります。

 

ランキングの変動が無いからと

すぐに諦めずに全期間でも確認してみましょう。

ライバルが気がつかずにスルーしている

売れる商品を仕入れる事ができるかもしれません。

 

また最近はモノレートの不具合も多く見られます。

あまりにモノレートに依存してしまうのは危険です。

モノレートが使えなくても

仕入れができる方法については後日追記します。

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL